口の周りにニキビができやすい

大人になると、ニキビは口の周りにできやすいものなんですよね。
ニキビが出来る時には1回に付き1個ですが、大きくなります。
この1個に皮脂が凝縮されているかのように、どんどん大きくなっていきます。
私は、ニキビは大きくなって痛みがあるときには、赤ニキビになる直前を見計らって、潰すようにしています。

ニキビ跡は残したくないために、消毒した針でニキビの先に小さな穴をあけます。
ニキビの周りを指先で押して白い塊を取り出します。
大きめの塊ですが、一度でうまく取り出せるのでその後の治りは早いです。
潰した後は、きれいに洗い流して化膿止めを塗っておきます。
薬を塗るときと塗らないときでは治り方が違います。
ニキビは、若い頃の方が治りが早かったです。
だんだん遅くなり、1か月以上かかることもありました。
清潔を心がけることと、塗り薬は必要です。
ニキビは、洗顔でかなり防ぐことができます。
洗顔後に、ぬるぬるしていないか確認して、ぬるぬるした部分だけ2度洗いしています。
この方法を始めてからニキビが減りました。