小学生の時からニキビで悩んできた

ニキビにはやっぱり基本が大事なんですよね。
私は小学生の時からずっとニキビのことで悩んできました。
そこまでひどいというわけではありませんが、おでこと口の周りにポツポツ。
しかも気になって気になってかいてしまい、茶色のような紫色のような跡が残ってしまうのです。

どうしても治したくて、いろんな市販のお薬や、皮膚科にも行ってお薬をもらってきたのですが、一向に治りませんでした。
ビタミンが足りないからと食生活を変えても、完治することはありませんでした。
むしろ洗顔料にかぶれたのか、全体的に赤くなるときもあったくらいです。
もうどうしようもないと思ったのです。
母は40を過ぎてもノーメイクで大丈夫なくらい綺麗な繊細な肌をしているのですが、父の方はどうやら昔ニキビがすごかったみたいで今も跡が残っています。
そして私は肌に関して父の方の遺伝子を受け継いでしまったのです。
男の人はちょっと暗い跡が残っていたって構わないのでしょうしそれが逆にかっこよく見えるときもあるけれど、娘の私はそうはいかない。
とうとう遺伝だからと諦めました。
ところがどっこい。いろんな薬を試さなくなってから、逆にニキビの状態は良くなっているようなのです。
ツルツルのお肌とまではいきませんが、少なくともそれまでみたいに派手な赤ニキビができることは少なくなりました。
結局私は敏感肌だったようで、毎日のシンプルな洗顔の方が、敏感肌には向いていたみたいです。
下手に洗顔料で刺激するよりも、優しい石鹸で洗った方が、肌にとっては良かったのでしょう。
結局、人それぞれにあった対処があるのですね。
必ずしも病院に頼る必要がないということかもしれませんね。
まずは身近な生活から見直してみると、意外な効果がありますよ。女性に生まれたからには、おめかししたいですよね。
お肌の状態によって、おしゃれも左右されますよね。
ですから最後まで諦めないでください。何かのきっかけでニキビが改善する可能性は十分にあるのだと思いますよ。
自分の肌にあった方法を見つけてあげてください。

ニキビ洗顔料の失敗しない選び方